発酵食品で若々しい体をゲット

Posted on Posted in フード

大注目の発酵食品の効果とは

最近は様々な発酵食品が注目を集めるようになりました。
発酵食品と一言で言っても多くのものがありますが、発酵食品というのはアミノ酸をはじめとして豊富なミネラルを含み、さらには酵素もたっぷりと含んでいますので体にも良いとされています。
私たちの体内は毎日の食事によって、老廃物などが蓄積され、こういった老廃物から活性酸素というものが発生しています。

この活性酸素が健康な細胞に意地悪をしてダメージを与えてしまうことがあるため、活性酸素の働きが活発になってしまう事を防いでいかなければなりません。
そこで前述した酵素が大活躍してくれます。
酵素は活性酸素の働きを抑え、さらには活性酸素の発生そのものも抑制してくれるといった働きを持つため、できる限りたくさんの酵素を取り入れてあげればあげるほど、アンチエイジングにも期待が持てるというわけです。

健康効果や美容効果が高く、様々な病気の予防や改善に役立つことがわかっています。
外食の多い方は発酵食品を口にする機会も少ない傾向にありますが、出来るだけ口にできるようなメニューを考えていくと良いでしょう。

発酵食品にはどんなものがある?

実際に発酵食品というのはどのようなものがあるのかわからない人のために、一部をご紹介していきます。
まず日本人の食卓ではおなじみとなっている納豆があります。
大豆を発酵させることによってネバネバとした食品になりますが、納豆にはナットウキナーゼをはじめとして様々な栄養素が含まれていますので、昔から体に良いとされてきました。

このほかキムチも発酵食品になっています。
熟成させる間に多くのアミノ酸をはじめ、体に良い成分が発生し、さらにはたくさんの酵素も含んでいる食品になります。
このほか最近では酒かすや米麹なども注目を集めるようになりました。

こういった食品などを使いながら様々なアレンジをすることで毎日の食事メニューもレパートリーが広がっていきます。
同時に、酵素を摂取してアンチエイジングをすることができるので、今まで発酵食品は食べていなかった人はどんどん取り入れていきましょう 。

自分で発酵食品作りにチャレンジ

上記した通り発酵食品というのは発酵させる時間が必要になりますが、自分でも簡単に作ることができます。
キムチや納豆などの場合には自分で作るのもある案外難しいものですが、酒かすや米麹などを購入しお野菜やお肉、そして魚介類などを漬け込んでおけば、これだけでも発酵食品を食べるきっかけになるでしょう。

米麹を購入してくることでアルコールなしの甘酒を作ることもできます。
市販されているものを購入するのではなく自分で甘酒を作る毎日飲むようにすれば、それだけでもエイジング効果を得ることができます。
アルコールが含有されていなければお酒が飲めない人でも毎日摂取することができるでしょう。