1. >
  2. >
  3. 私のアンチエイジングモーニング

私のアンチエイジングモーニング

主婦からお勤めモードの忙しさの中

パートタイムと外勤の兼業主婦の朝は、誰もが大袈裟で無く、時計の秒針との闘いです。
幸い下の娘もこの春から中学生で、サラリーマンの主人と3人揃って家から送り出すのが午前8時。

これだけでも他の奥様方と比べれば、時間的な余裕は十分だと自分に言い聞かせ、ここからの数十分間が「私のアンチエイジングタイム・平日バージョン」です。
試行錯誤の末にようやく定まった、朝のストレッチを約10分間で身体を目覚めさせ、外勤用のメイクを整える頃には、午前9時前の出発時間ギリギリです。毎日飲んでいる卵油のサプリメントを飲んで出発です。
卵油については私も初めは知らなかったのですが、卵が持つ生命力と若々しさという言葉に惹かれ気に入って飲んでいます。
沖縄の自然の力 ちえの輪卵油

住宅のある3階からはエレベータを使わず、早足で外階段を駆け降りるのも私の日課です。
マンションの管理人さんの目にはもしかしたら「あと1分早く家を出れば良いのに」と映っているでしょうが、これも私のアンチエイジング。
パート先までは自転車を用いた方が通勤時間的にも楽なのでしょうが、片道2kmあまりを敢えて徒歩通勤。
毎日歩く事で、それまでどうしても落とせなかった下腹周り、特に背中側の弛みが確実に無くなったので、姿勢にも気をつけて歩き続けています。

なだらかなアップダウンが続く住宅地ですので、平坦な道の移動と比較しても、運動量は十分です。
四季折々に異なる姿を見せる風景も、精神面のアンチエイジング効果を届けてくれていると思っています。
春は桜が舞い、梅雨時は紫陽花から真夏は遠くに姿を見せ始める入道雲、秋の紅葉を経て冬は年に数度の雪景色、ストレス解消効果十分です。
ストレスレスな毎日は女性ホルモンの分泌を活性化させ、艶やかな肌を取り戻せるそうですが、実は私自身、そんな確かな効果を実感しています。

こうして主婦の顔から1人の働く女性にシフトチェンジして、勤務先到着の午前10時前までの数時間が、私のアンチエイジングモーニング平日版です。
満員電車に詰め込まれる事も無ければ、家族を送り出すと同時、あるいは私が先に出掛けねばならない事も無く、恵まれた毎朝だと感謝しています。
強いて贅沢を言わせてもらうなら、悪天候の朝の通勤はチョットだけしんどい・・・それぐらいでしょうか?

休日はエレガントが理想ですが・・・

外勤がお休みの土日祝、出来れば目覚まし時計とは無縁で、窓の外の鳥達のさえずりで目覚め、自分のペースでゆっくりと身体を起こす事が叶えばベストですが、やはり40代の主婦はそうは行きません。
「渋々接待で行かなきゃならない」と口では零しつつも、早朝からゴルフ場に喜々として出掛ける主人を見送るとなれば、当然普段より更に早朝起床です。

対して子供達はいつまで経っても起きて来ないとなれば、動くに動けずイライラしてしまうのが主婦の悲しさですが、こうした時間を臨機応変に楽しむのもまた「私のアンチエイジングタイム・休日バージョン」です。
過ごし方はその時々でアドリブで決めますが、敢えて過剰に「美容」「アンチエイジング」を意識せずに過ごします。
子供達を起こしたいのであれば、敢えて徹底的に腰を据えて掃除すれば、室内も美しくなり、適度な運動量で気持ち良い汗を流せるので、その後のボディケアが結果、ダイレクトなアンチエイジングとなります。

大切なのは「朝」という時間を「いつからいつまで」と捉えるのか、ここがポイントです。
多くの方々が朝イコール起床直後から僅かの時間だと思い込んでしまい、更に直接的な努力無くしてアンチエイジング効果は得られないという先入観から、「今朝も何も出来なかった」捉えがちですが、それは違うと確信しています。
これが私の「取り立てて特別な事は何もしていない、アンチエイジングモーニング」の過ごし方です。
大切なのは「朝の訪れが嬉しく楽しい」と思える毎日を過ごす事であり、世間で色々と語られているノウハウの駆使は、1日24時間の中で上手に散りばめてこなせば十分だと確信しています。